養豚業者

jambon-bayonne-filiere

ジャンボン・ド・バイヨンヌの生産向けの豚は、22県にまたがるフランス南西部の農場で生まれ、育てられなければなりません。その地域は3つの地方行政区から成っています :

  • アキテーヌ地方
  • ミディ- ピレネー地方
  • ポワトゥ シャロント地方

このフランス南西部のゾーンは、ジャンボン・ド・バイヨンヌ用の豚の生産の伝統的なゾーンに合致しています。. したがって、1500に及ぶ養豚業者が、 IGP « ジャンボン・ド・バイヨンヌ»のサイクルの中に参加する資格を持っています。
バイヨンヌ生ハムのIGPゾーンは、次のように、農場経営の論理を基本にした養豚のシステムをよりどころとしています。:

  • 豚は、穀物栽培の価値を高める
  • 養豚排水は農地を肥沃にする役割を果たす

約 10万ヘクタールの穀物が、  IGPジャンボン・ド・バイヨンヌの過程で生産されている豚の恩恵を受けています。 50 % の養豚業者は、自家製もしくは隣接農家の穀物で豚の飼料を生産しています。