原産地の保証と IGP

jambon-bayonne-chistera

塩漬けはアドゥール川流域、養豚はフランス南西部。このように、明確に特定された区域で製造された生 ハムだけが、ジャンボン・ド・バイヨンヌと呼ばれるのです。

特別な産地、アドゥール川流域

ジャンボン・ド・バイヨンヌは、アドゥール川流域 という、地理的に限られた地域の中で製造されています。この地域は、大西洋とピレネー山脈に囲まれており、ジャンボン・ド・バイヨンヌを製造するためのさまざまな条件を兼ね備えています。

養豚地域、フランス南西部

ジャンボン・ド・バイヨンヌの製造に使われる豚が、屠殺され解体されるのは、フランス南西部の22県にまたがる地域に限定されています。この地域は、アキテーヌ地方、ミディピレネー地方、ポワトゥシャロント地方、これと境を接するいくつかの県から成り立っています。

carte_eleveur

IGP 保護された地理的表示、原産地の正真正銘の保証

IGP 地理的表示の保護は、その地方に根ざした歴史と伝統を持つ製品の原産地を正式に保証するものです。それは、1992年に欧州連合(EU )が導入した品質と原産地の証です。

IGP(保護された地理的表示)は消費者に対して、仕様書に基づいた製品の特性を伝えます。この名称を登録することによって、限られた地理的エリアで生産されたものだけに使用が許され、模造や詐称から地域名称を保護します。

ジャンボン・ド・バイヨンヌは、1998年10月より、IGP (保護された地理的表示)の恩恵を受けています。

carte_france_igp